2012年06月25日

ご無沙汰です! 秋元順子さんのライブを久々に堪能してきました♪

気が付けば、更新されてないブログに入る広告が入ってました(>_<) 慌てて更新します!

6月21日に行われた秋元順子さんのバースデーコンサート@ル・テアトル銀座にお邪魔してきました!

秋元順子さんと言えば、初めてライブに行った時の感動は今でも鮮明に想いだします!! あの時、本当に秋元さんが名前が出てきたばかりの頃で、その後にあれよあれよと紅白のステージまで行ってしまったのは嬉しかったですね〜!! でも、納得でした。それだけの実力のある方でしたから。

先日、秋元さんを取材させていただいた時に、バースデーコンサートがあるとお聴きして、そういえば、最近生のステージを観ていなかったと話すと、嬉しいことにお招きいただきました♪ いつも秋元さんにお話を聞いていると、「歌を理解するのは、まず生のステージでその歌を聴いていただきたい」っておっしゃるんですよ。

で、行ったわけなのですが、中央に大きな花が飾られたシンプルなステージに、ピアノ、ギター、パーカッションの3人。バースデーライブだけの特別編成。ジャズからスタートして、歌の途中に謎の「出たっ!順子流ジョーク!」って感じの小ネタを挟んできます。なんだろう、本当にトークも面白いんですよね。滋味がある。あとは自身のシングルやアルバム『華浪漫〜セレナーデ』からの曲…とお洒落に披露。

今回何と言っても私が感動したのは、シャンソンの『愛遙かに』(Da Troppo Tempo/Milva)でした! ファーストアルバムに収録されていて、youtubeにも(どこかの歌番組のビデオが)アップされてますけど、何と言っても生演奏がいいよー! ステージには、彼女と、歌声しかないわけだけど、そこに「あなたのいない部屋」があり、「白い椅子」があり、「窓辺」が見えるのです。

原曲は日本語ではないわけで、きっとそれに合わせたであろうメロディーの動きも複雑。だけど、切なくのた打ち回るようなこのメロディーを、日本語の「言葉」に落とし込んで、情景を描いて見せる――。

やっぱこの人の語る力は半端ない…!と改めて嬉しくなった次第。

あと楽しかったのは、美空ひばりさんの『お祭りマンボ』と『キエン・セラ』をメドレーで聴かせるコーナー。もう、こういうの、ああ、これこそ秋元さんだー♪とウキウキしちゃう。楽しいよね、音楽って、歌って!って感じで、とにかく自由なんです。

この「自由」を手にするには、たぶんたくさんの努力があったと思うのです。これからも秋元さんには貪欲に新しい「自由」を手に入れてもらって、歌と音楽を飛び回ってもらいたい!と思うのでした。

秋元さん、お誕生日おめでとうございました! そして、コンサートご招待ありがとうございます♪

秋元順子さんホームページ
posted by ヒロヨ at 19:09| Comment(16) | TrackBack(0) | ステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。