2013年05月23日

たかみ憧(しょう)さんの還暦デビュー発表会

またしても、更新がないせいで広告が出てしまいました。皆さんお元気ですか? すみません…(^^;

今日は、4月23日に行われた、たかみ憧(しょう)さんの還暦デビュー発表会の未掲載写真をご紹介しますよ〜! 歌の手帖本誌では小さくしかご紹介できなかったので…。

たかみさんは、歌の手帖Kリーグから昨年デビューした、藤井ゆみこさんの先生でもあります。そんなたかみさんが、還暦のデビューを決めたのは、作詞家・いではく先生のご協力があったから。

もともと、作曲家の故・遠藤実先生が会長を務めていたJACCOM(日本大衆音楽文化協会)で公認歌謡師範の資格を取り、歌謡教室を始めたのが、たかみさんが歌の道に入るきっかけ。そんなたかみさんが、ある日、お母様から自叙伝を受け取りました。そこに書いてあった母親の苦労と本心を知り、親不孝ばかりしていた母親のために何かしたい…と、遠藤先生の盟友でもあり、『北国の春』の作詞家でもある、いで先生に作詞を懇願したそうです。

そのお願いを聞き届けてくれたいで先生が書いたのが『母の足跡』。宇都宮でも一番大きいホールという宇都宮市民文化会館の大ホールで、北山たけしさん、福田こうへいさんのビッグゲストをはじめ、藤井ゆみこさんほか歌仲間のゲストを迎えて、満席の中、無事大きなステージでデビュー曲を披露したというわけです。

いやー、本当に、大きなホール満席のお客様! ちょうど記事を掲載した7月号では表紙を飾っている北山たけしさんと、『南部蝉しぐれ』がヒット中の福田こうへいさんと一緒に『帰ろかな』を唄ったり、温かな祝福を受けて本当に感無量といった感じのたかみさんでした。

takamiIMG_7701.JPG
▲瞳を潤ませて熱唱するたかみさん

たかみさん「僕の気持ちをそっくりそのまま書いていただき、感無量でした。いで先生に作っていただけなければ、出るつもりはなかったです。同じ気持ちの全国の皆さんに唄ってほしいし、若い人には親孝行してほしい。最後は我慢してましたが、母の顔を思い浮かべると唄えなくなっちゃう。いで先生からも『泣くんじゃねえぞ!』と言われてましたので(笑)」

takamiIMG_7707.JPG
▲楽屋にて、左からたかみさん、お母様、作詞のいではく先生

いで先生「苦労かけた母親に親孝行をしたいと言われて、手記を元に書きました。歌は以前から聴いていましたから、演歌演歌したものじゃなくて良かったと思います」

たかみ憧 ブログ
母の足跡
母の足跡
posted by ヒロヨ at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。