2006年05月31日

山崎ハコさん30周年ライブ@草月ホール

ヤバイよ〜ハコさん!!

そんな感じに気持ちを持っていかれたライブでした。もう、とにかく全部すごい。感情がむきだしで迫ってくる感じ。迫り方も、ひたひた地をはうようにして近付いたと思ったら心臓をガシッ!と掴まれてるというか…。デビュー当時を知らないので想像ですが、きっと30年分の痛みと優しさが、彼女の直球に重みと温もりを増しているのではないでしょうか。

ここが新たなスタート、とおっしゃったハコさん。ぜひ多くの方に、そのバージョンアップぶりを知ってもらいたいです!

魂が震えすぎてビビり、自分を直視できずにこの場から逃げ出したくなった。なんとか踏み止どまっているけど。

新曲は22年ぶりの「てっせん子守唄」←鉄線の花は、花びらが6枚のクレマチスのことだそうです


アルバム「歌いたいの」の最後の曲「会えない時でも」がよかったよ〜(泣)。悩める中高生にぜひ聴いてほしい!もちろん悩んでいる大人も可♪

山崎ハコの世界
posted by ヒロヨ at 12:51| Comment(3) | TrackBack(0) | ステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「百万本のバラ」は演りませんでしたか?
私も、」お誘いをいただいておりながら伺えずに悔しい思いをしていたのです。
昨年の9月30日に行われた「29周年ラストナイト」と題したライブで聴いた「百万本のバラ」と「気分を変えて」は圧巻でした!
安田裕美さんのギターもイイよね〜
因みに私、ハコさんと同じ歳だったのが判明しました!
Posted by funky at 2006年06月12日 21:30
「百万本のバラ」は演りませんでしたか?
私も、」お誘いをいただいておりながら伺えずに悔しい思いをしていたのです。
昨年の9月30日に行われた「29周年ラストナイト」と題したライブで聴いた「百万本のバラ」と「気分を変えて」は圧巻でした!
安田裕美さんのギターもイイよね〜
因みに私、ハコさんと同じ歳だったのが判明しました!
Posted by funky at 2006年06月12日 21:33
>funkyさん
「百万本のバラ」やりましたよ! ほんと、安田さんのギターもいいですよね〜。ギター2本だけで曲ごとにあれだけ違う世界作れるってすごいことですよ。ハコさんには音楽を生み出すすごいエネルギーを感じます。歌唱のバリエーションと歴史をいろいろな角度から聴かせてくれて、本当に充実したライブでした。そしてまだまだ新しい世界に挑戦しようとする貪欲なハコさんがとても好きです。

funkyさん、同じ歳だったんですかー。
Posted by ヒロヨ at 2006年06月13日 03:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。