2011年07月20日

石巻ボランティア日記〜その5〜


▲昼食後に現場に戻ると、午前中は日陰だった休憩場所に日陰なし。(この後、日陰のある方へ場所を移動しました)



▲午後の作業開始。手前には洗い終わったものを乾かしておいてある。ステンレス製の備品は高圧洗浄で泥を落としやすく、すぐにピカピカに。しかし、手前に重なっているのは、これから洗わなければいけない容器の山。この奥がプールになっていて、そこが私の担当現場。午前中に途中まで洗ったざるが置いてある。水は泥だらけになっているが、それでも充分落ちるんです。プールから道路に向けて、これから洗うざるが洗浄液に浸けて棚に置いてあります

午前中は日陰だった作業場は、日が昇って残念ながら午後はほとんど炎天下に…午後の作業はなかなかキツくなってきました。ひさしのついた帽子持ってきてよかった。だけどあまりの暑さに、午前中はまず汗で曇り始めたゴーグルを外し、午後はマスクすら外してしまった。もうね、マスク内の汗に耐えられなかったの。

水産加工会社ということもあって、臭いもかなりのものだったのですが、結構慣れてしまうもので、暑さのほうが私には厳しかったかな。水分は、この1日でほとんど2リットル飲み干したものの、朝から作業が終わるまでトイレに行かなくて済んだほど汗をかいた模様。


▲終了時。私たちの洗い物の成果はご覧の通り…。結局作業全体は5時間ぐらいしかなくて、全部容器を洗いたい!ぐらいの勢いで始めたものの、泥と油の頑固な汚れに悪戦苦闘してなかなか作業が進められず悔しかった。ここまでしか出来なかったことが残念だった。工場内部はだいぶ綺麗になっていた。あんなに積もってた泥がここまでなくなってる。泥出し班の皆さんもお疲れさまでした!

中でも、ほぼざるを洗い終えて、次に洗い始めた白い大きな容器は、泥まみれの茶色だったのに、ちゃんと磨いたら真っ白な容器になって、しかも会社の名前が綺麗に出てきたので、これはピカピカにしておきたい!と思った。一部しか出来なかったけど、こうやって見た目分かりやすく、かつお店の屋号がピカピカになるのは、「洗った!」って感じが出て自分ではとても誇らしかったんだけど、ご主人はどう思ったかな…。


▲泥出しの成果の土のう。工場内から出したもの


本当に、自分の出来ることはごくわずかなことなのだなぁと実感する一日だった。でも、そのわずかなことでも、頑張ろうとしている人の少しでも力になるのなら、役に立てるのなら、また駆けつけたいと思わずにはいられなかった。

帰りのバスの中で、参加者は一人ずつ参加した感想を語った。思わず感極まって途中で言葉が出なくなってしまった人がいた。印象的だったのは、石巻出身の参加者の言葉。家を出て、東京に出ている人で、家族と話をしていて、もう石巻はダメだと思っていたけど、これだけ、何も石巻に関係のない人たちがボランティアで来てくれて、手伝ってくれることに感動した、これなら復興できるかもしれないと思った…と言ってくれたこと。

こっちがありがたくて感動しました。そんな感想をくれてありがとう。

帰り道は、バスのエンジントラブルで途中から新幹線で帰るなどのハプニングが起こったけど、基本的にボランティアは「臨機応変さ」が必要。なぜなら、被災地では何が起こるかわからないから。事前のミーティングでも、もし大きな地震が起きたら、また津波が来る可能性もあるので、どうやって逃げるかということを教えられて(確かにそうです)、改めて自分がどういう場所に来ているのかと自覚させられました。

何が起きても対応出来る柔軟性と、ハプニングも楽しめるぐらいの精神力があるといいと思いました。帰りの新幹線の中で、お互いのチームで見てきたことを語り合って、一部の人は美味しいビールを飲み、楽しく帰ってくることが出来ました。

私としては、今日お手伝いしたお店が、営業を再開していくまで、あとどれくらいの人手が必要だろうか、と考えました。まだ何回かボランティアで人海戦術の洗浄が必要でしょう。それに、水がまだ湊中学校でも出るようになったばかりだったそうなので、水(綺麗な飲料用の水)が潤沢に使えるようになること…など、再開に向けて必要なお手伝いはたくさんあると思います。

あのお店のその後を、ぜひ見守って行きたいから、ベースの方にはその後も追っていただけたら嬉しいです。そして、再開したら粕漬けや味噌漬けのお魚を買いたいと思いました(小売りはしないかもしれないけど)。

帰宅したら、シャワーを浴びてすぐに寝てしまいました。改めて、現地に長期ボランティアで入っている皆さんはスゴいなぁと思いました。

ぜひ皆さんも現地ボランティアに行ける人は行って下さいね。でも無理はしないで、自分に出来る範囲でいいと思います。復興はまだまだこれからです。協力できる形も、たぶんこれからいろいろ増えるんじゃないかな。
posted by ヒロヨ at 10:06| Comment(4) | TrackBack(0) | ボランティア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒロヨさん、ボランティアの1から5まで見させていただきました。
本当に本当にありがとうございました。
5時間の時間であんなにたくさん洗うことができ感動いたしました。
本当に見ていてつらいですが皆さんのおかげで復興が進み、凄いです。
動画を見て、また、もう1度目の前でまだまだ大変なのを感じました。
自分でなにを書いているのかわからなくなりました。
ただただ、ありがとうございました。
Posted by えこ at 2011年07月23日 22:42
>えこさん

全部読んでいただき、ありがとうございます!

みんなで力を合わせたお陰です。その後も、何人もの方がボランティアとして洗浄でお手伝いしているようです。まだまだ時間がかかりそうですが、ぜひ復活していただきたいです! えこさんも見守って下さいね。

まだまだ現地には皆さんの力が必要です。もちろん、場所や状況によって、必要な力も違いますが、たくさんの方が力を合わせることによって、いろいろな要望にも応えられると思います。

えこさんのお気持ちは伝わりました。こちらこそ、読んでいただきありがとうございました(^^)/
Posted by ヒロヨ at 2011年07月25日 14:15
ヒロヨさん、今月号の『9月号』を30日に買ってきました。
私の買うお店は氷見の1件しかない大きな本屋さんの『文苑堂』さんと言います、月5冊入るそうです。
その日は私が初めての1冊目の客とわかりました『エーーー』とお店の人に聞きなおしました。
氷見の皆さん『歌の手帳』買ってと叫びたかったです。
私はなかみを知って買うほうなので2,3月に1度ほどなりごめんなさいね。
アキ子さんの載っていて嬉しかったです。

皆さんにもっと知ってほしいと思いました。
きょうCD3枚とりに行ってきます。
ことみさんと侑希さんと、神奈川の歌手さんのです。
もう3枚注文してあります。
年金暮らしでこれ以上の応援はできませんが、7月24日は後藤隆さんが氷見にこられ、歌を聴いてきました。
前ほどは応援できませんが『顔出し』はしています。
私のスタートの応援は入山アキ子さんと後藤隆さんのお二人なので2人のご活躍を心より嬉しく思います。『しつこい私です』もう7年近くになります。
Posted by えこ at 2011年08月06日 08:53
>えこさん

どうもありがとうございます〜(^o^)/>お買い上げ

なんと!!氷見の皆さん、歌の手帖買って下さい……orz ショックすぎるご報告……。

えこさん、ありがとうございます。千里の道(?)も一歩から、お友達への口コミよろしくお願いいたします!

入山さんと後藤さんは、私も長いお付き合いになっております(^-^) 頑張ってほしいですね!
Posted by ヒロヨ at 2011年08月10日 16:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。