2007年02月28日

「聴き入」らせる物語力/山口瑠美ちゃんコンサート

いやーーーーー、面白かったです!

初めて拝見したホールコンサートだったのですが、改めて、彼女は「特殊」な色を持った歌手だなと思いました。

アーティスティックというか…「自分」をはっきりと持っていて、妥協がない世界観を作ろうとしているのを本日は鮮やかに感じさせてくれました。

なんといってもその「物語力」が半端ないです。「長編歌謡物語」と名づけて作り上げている歌は、歌というよりまさに一遍の一人芝居。呼吸の間、人物の入れ替わり、表情、動き、そしてコブシを印象的に使った節回し…「聴き入ってしまう」という言葉がぴったり。

これは私の勝手な印象なのですが、彼女のお客さんは「彼女の歌をカラオケで唄おう」なんてこれっぽっちも考えていないのではないでしょうか。「彼女の歌を、彼女の声で聴きたい」、たぶん純粋にそういう方たちばかりなのではないかと、その会場での反応を見ていて思いました。

今回の新曲『りんどう愛歌』は、今までの「絶対人には真似できない」世界ではなく、「若干」手の届きやすい(そのように感じる)歌なので、今までとは違う「唄いたい」お客様も付くことでしょう。ただし、彼女の生のステージを見たら、「絶対真似できるレベルではない」ということに衝撃を受けると思います。

彼女自身で運営するホームページを見ると、彼女のオリジナルなこだわりが垣間見られて面白いです。まだ彼女を見たことない方、ぜひ一度生歌の迫力にやられちゃってください。

そして、前の記事でも書きましたが、ぜひとも彼女が「唄っている姿」も見て下さい。レコード会社さん、CDもいいけど、はやくDVD作った方がいいんじゃないかなぁーーーーー。長編物語はプロモじゃだめですよ、絶対ライブビデオがいいです。あと、オフショットとか入ってたり、自分なりに何がしかしゃべってるおまけも入れてください。よろしくお願いしまーす(^o^) 引き出しがいっぱいあるので、今後が楽しみですね♪ ていうか、テレビ関係の方は、歌は2コーラス(テレビサイズ)で、とか言ってないで、長編歌謡物語が流せる枠を早く作って出演させてあげて欲しいものです。

りんどう愛歌
山口瑠美 中里はる 西村幸輔
B000M2E9S0


おいおい、またジャケット写真ないじゃん、アマゾンさん……
posted by ヒロヨ at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒロヨさんこんにちは!会場でまたお声を掛けてしまい失礼致しました。でも偶然とはいえお会いできて嬉しかったです。掛け持ち応援ということがバレバレ(というか自白)でしたが、ヒロヨさんなら理解して下さると思ってのことでした。私も瑠美ちゃんの将来性に大いに期待しているひとりですので、今後も注目していきたいと思っています。ただ本人との対面で舞い上がってしまった私は、最終便の時間を気にしつつ慌てて会場を後にしたため、アンケートもDVD予約申込書も持ち帰ってしまいました(こういうドジはしょっちゅうです)。
Posted by masa at 2007年03月01日 12:39
>masaさん
こちらこそ、声をかけていただき感謝です(^-^)
良いコンサートでしたね。可能性を秘めた歌手にはぜひ大きく育って、歌の世界を賑やかにしていただきたいと願ってます!

掛け持ち応援の最たるものかもしれませんね〜(^_^;>雑誌
Posted by ヒロヨ at 2007年03月05日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。