2008年04月29日

歌藝の天地/三波春夫(PHP研究所)

本のご紹介。この本は12月号の巻末特集のために読んだのですが、なぜそれまで読んでいなかったのか!と悔やまれるほど内容が濃く、素晴らしい本でした。

歌手になりたい、芸の道に入りたい、という人は、一度目を通して損はないと思う。

私の仕事にも…いや、実はどんな仕事にも通じるものがあるのでは?と思える一冊でした。

このひたむきさ、一途さ、見習いたいものです。そして、彼の集めた歌と芸の深くて広い知識は、歴史に埋もれさせてはいけないと感じました。

私がこの本に触れなければ知り得なかったことがたくさんあったように、ときどきそういう知識は、現代に広げて見せないといけないと思いました。そういうきっかけを、本誌が少しでも作っていけたらいいなぁと感じる、そんな本でした。

とはいえ、雑誌が内容に触れられるのはほんのわずか。皆さんにはぜひ、直接この本を読んでいただきたく思います!(というより、皆さんすでに読んでるか…)

歌芸の天地―歌謡曲の源流を辿る (PHP文庫)
4569575935

posted by ヒロヨ at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三波春夫さんの本ですか。知りませんでしたので、ありがたい情報だと思っています。一芸はすべてに通じるとかいいます。好き嫌いはありますが、三波春夫さんの歌を楽しんだものです。一番好きなのは大利根月夜でしたね。ってもう化石ものかもしれませんね。メモしておいて、購入リストに入れておきます。
Posted by PACK at 2008年04月29日 22:15
★ヒロヨさん こんにちは 最近は智ちゃんの番組にも出演されていますね 三波晴夫さんが大好きで昔のCDやカセットを収集しています アニメや時代劇のテーマ曲などたくさんあって集めるのは大変です ★本が出ていたのは知りませんでした ぜひ読みたいと思います
Posted by 京城ゆめじ at 2008年05月04日 12:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95109196
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。