2005年11月19日

一葉(かずは)ちゃんの関西人オーラが花開いた日

私は一葉(かずは)ちゃんの歌が大好きで、ライブには出来るだけ行くようにしている。こういうことができるのも、この仕事のおかげなわけですよ、ムフフ。

キングに移籍して初めての最新アルバム『彩〜いろどり〜』が発売されたので、その発売記念ライブともなった11月7日、最近彼女がよくライブを行う六本木のmorph東京にて、いつものピアノ・西村さん、ギター・塚田さんとのトリオ編成だ。

今回のライブで私はちょっと衝撃を受けた。トークがすっかり関西弁になっているのだ。彼女は今までライブでも取材でも標準語を話していたが、なんとなく、ちょっとかしこまってるような、壁を作っているような印象を覚えたこともなくもない。もしかしたらそれは標準語のせいだったのかもしれない。

ライブ途中、ステージ奥に入ったなと思ったらタイガースのハッピを着、棒風船を持って登場。『六甲颪』を唄うではないか!! わはは! いいぞいいぞー(笑)。

「今年こそ日本一を取るだろうと、(この)ライブが決まってましたから用意してたんです。日本一だったら紙ふぶきを…と思ってたのに、アレなんですか?! 4連敗ですよ!! 情けない…。それでもこよなく阪神を愛したいと思います! あんな負け方したらね、もうどうしようもないですワ。来年こそは、という思いを込めて唄いました」

うっひょう、一葉ちゃんが切れてる(笑)。

「今までね、隠してきたかなと、と。自分という地を。なんかかっこつけて、すかしてね。移籍をしたし、もう殻を破ろうと、そういう意味を込めて唄いました」

そこからは怒涛の関西ブルース唱であった。うわー、泥臭い!! そしてその泥臭さと、ビックリするほど純粋で「あほやなぁ」と思える主人公たちが愛しくなる。男なんて…と強がる女と、どうしてもあんたが好きや、とすがる女は裏表なのだと改めて思う。

前のレコード会社を離れ、唄う場所がない時期に自分の想いを託して作詞したという歌、『大阪グッバイ』(表記不明)も披露した。

♪大阪グッバイ 捨てるための夢やない〜

一葉ちゃん、いい感じにハングリーです。来年の1月には新曲発売だそうです。


B000B63E6K
一葉


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あーもうまたアマゾンに画像がない…

キングレコードのHPからいただこうと思ったら、そこにもない…つうか、オフィシャルページにもないのですが…(´д`;

こうなったらHMVにご登場いただきましょう
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1462898

今気づいたけど、アマゾンは曲名すら3曲ぐらいしか書いてないしひどい扱いだ。一方HMVは全曲試聴もできる。そりゃHMVから買うって…。
posted by ヒロヨ at 22:22| Comment(3) | TrackBack(0) | ステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個性的な声、いいね。
新曲発表早くしてよ!
Posted by 縄文人 at 2005年11月23日 02:53
縄文人さん

まだ情報は入ってきてないですが、そろそろ確認する時期なので、わかりしだいここにでも書き込みますね!
Posted by ヒロヨ at 2005年12月02日 19:28
新曲
「涙のriver」とか?
たぶん
Posted by 縄文人 at 2005年12月21日 04:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9547284
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。